就職に有利な資格情報

<最新情報>

医療事務の仕事





医療事務とは、どういった仕事なのでしょうか?

医療事務とは、病院の中で事務を担当する人たちのことを言います。
病院の受付の方も、会計の方も、病院に電話したときに対応してくれる方も、みんな医療事務として働いている方たちです。


つまり、医療機関で事務の仕事をしているので、医療事務なのです。

病院内での医療事務の仕事は多岐に渡ります。
受付(初診・再診)・診療費の計算・会計・カルテ管理・入退院受付・病棟クラーク・医事統計・診療報酬請求などが主な仕事になります。


医療事務の仕事内容は、レセプト(診療報酬明細書)の作成と窓口受付業務、助手業務などであり、病院やクリニックの中で幅広く活躍する専門家という位置付けとなっています。

医療事務は、患者さんと医師従事者の間に入り、必要な情報の伝達や書類の作成を行うのですが、まず一番最初に患者さんと接する段階が窓口での受付業務です。

診療申込書を書いてもらったり、保険証などの重要書類をきちんと取り扱ったり、というのが主な仕事です。


カルテ管理業務では、診療の申し込みのあった場合に、再診(さいしん)の患者さんのカルテは棚から探してきて準備をします。

初診(しょしん)の場合には、カルテの頭書きに患者さんの個人情報や保険証の情報を間違わないように書き写します。


電子カルテを採用している医療機関でしたら、必要事項の入力を行います。
病院内で、本当に多くの仕事をこなす医療事務ですが、他の医療従事者に対し、話しかけやすいからなのか、医療事務には、患者さんからのあらゆる要望や苦情が集中します。

診察曜日や時間の問い合わせに応えたり、診察券の紛失したときの対応、保険証忘れに対する対応、薬のみ希望する方への対応、その他待ち時間が長いなどの苦情など。

忙しい中での対応ですから、形式的になりがちですが、極力優しく応対すること、それも医療事務の仕事であると言えそうです。



医療事務のレセプトとはどんなもの?



        


医療事務の仕事でレセプト作成は、非常に重要なものです。


レセプトを作成するから、普通の事務ではなく医療事務でなくてはならないわけですから。
医療事務にしか出来ないレセプト作成とはどういうものかと言いますと、保険を使って受診されたひとりひとりの患者さんに対し、医療機関においてどのような処置や検査が何回行われて、どのような薬の処方が何度なされたかを月ごとにまとめたもの、これがレセプトです。


すなわち、レセプトは、診療報酬明細書とも呼ばれる請求書です。


医療機関窓口において、患者さんの負担は通常3割で、残りの7割は各保険組合に医療機関から請求をするという仕組みになっています。

その際に提出する請求書がレセプト(診療報酬明細書) なのです。


このレセプトは、国民保険の場合には都道府県の国民健康保険団体連合会に、社会保険なら都道府県の社会保険診療報酬支払基金に請求書として送られ、細かいチェックを受けます。


すべての医療行為は、レセプトの中では、診療報酬点数表で定められている点数に換算されて計算されています。


診療報酬点数表では、処置や検査・投薬などに関して、それぞれの医療行為に対し細かく一律の点数が決められています。


ですから、例えば日本全国どこの医療機関を受診したとしても、同じ処置を受けたなら同じ金額を支払うことになる、ということです。


ちなみに、診療報酬点数表の点数は10円が1点として計算されますから、例えば1500円を支払った場合には、点数は150点だったということになります。


医療事務になるための勉強をするときには、このレセプト作成を中心に学びます。


また、医療事務の資格試験でもレセプトを作成するテストが実施されます。